ファーム情報

    10月25日(木)広島 2-6 横浜(フェニックスリーグ)

    2018/10/26

       123456789 R
    広島 000001010 2
    横浜 00040020X 6

    *勝利投手 中川
    *敗戦投手 高橋(樹)
    *セーブ -
    *本塁打
     C:-
     De:-

    ■攻撃
    0-0で3回まで進むも、4回に4失点を喫し、0-4で迎えた6回、1死から2番庄司がセンターへヒットを放ち、1死1塁とすると、続く3番堂林が右中間へ適時二塁打を放ち、1点を返す。
    7回に平岡が2失点し、1-6で迎えた8回、2番庄司が再び先頭打者としてヒットで出塁。1死1塁から岩本のサードゴロで2死2塁、5番坂倉は四球で2死1,2塁のチャンスで6番船越。ここでライトへ適時打を放ち、2点目を入れる。
    しかし反撃もここまで。結局2-6で敗戦。

    ■投手
    ◇高橋(樹)
    MAX140km 平均136km
    1回から3回までテンポよく無失点に抑える良い立ち上がりを見せる。
    しかし4回、先頭の2番百瀬にヒットで出塁されると、その後3番飛雄馬にもヒット、4番細川には四球を与え、無死満塁とピンチを背負う。
    続く5番佐野に走者一掃の適時三塁打を浴び、3点を取られると、さらに続く6番嶺井に犠飛を打たれ、この回だけで4失点。
    その後はランナーを背負いながらも無失点に抑え、結局6回を投げ4失点。

    ◇平岡
    MAX147km 平均144km
    7回から登板。
    先頭の9番青柳にヒットで出塁されると、続く1番代打楠本にもヒットで無死1,2塁とされる。内野ゴロのあと1死2,3塁から3番飛雄馬に2点適時打を打たれ2失点。

    ◇ケムナ
    MAX145km 平均142km
    8回から登板。
    先頭の6番に入った山下にヒットを打たれる。その後2死1塁から9番青柳にヒットを打たれるも3塁を狙った走者をセンター永井が刺し、チェンジ。

    ■打撃成績
    ※数字は、左から打数/安打/打点/三振/四死/盗塁
    1 右 桑原 500200
    2 二 庄司 420000
    3 一 堂林 411100
    4 左 岩本 300010
    5 捕 坂倉 320010
    6 DH 船越 411100
    7 遊 木村 410100
    8 中 永井 400100
    9 三 青木 410200
       計 35 8 2 8 2 0
    ■投手成績
    ※数字は、左から投球回/打者/球数/安打/三振/四死/自責
    高橋(樹) 6 26 88 6 7 2 4
    平岡 1 6 26 3 0 0 2
    ケムナ 1 4 6 2 0 0 0