ファーム情報

    10月21日(日)広島 7-1 西武(フェニックスリーグ)

    2018/10/23

    11試合 4勝6敗1分
    南郷 12:30

       123456789 R
    西武 000000100 1
    広島 412000000 7

    *勝利投手
     床田
    *敗戦投手
     國場
    *セーブ
     -
    *本塁打
     L:-
     C:桑原

    ■攻撃
    南郷スタジアムでの試合。
    1回、1番桒原、2番庄司の連続四球のあと、3番堂林が右越えの適時二塁打を放つ。1点を先制すると、4番下水流が四球の後、1死満塁から5番坂倉が犠飛を放ち2点目。さらに、2死1.2塁で7番木村が走者一掃の適時三塁打を放ち、初回に4-0と先制する。
    4-0の2回、先頭の1番桑原が本塁打を放ち5-0とすると、3回には1死満塁から、8番青木の押し出し四球続く9番永井の犠牲フライで2点を追加。3回で7-0と大きくリードする。
    先発床田は7回に1失点するものの、7回をテンポ良く1失点で抑え、2番手佐々木、3番手藤井黎もそれぞれ三者凡退に抑える投手リレー。7-1で勝利。

    ■投手
    ◇薮田
    MAX147km 平均144km
    初回、1番西川の当たりをセカンド木村がエラー、その後1死2.3塁のピンチを迎えるも、無失点に抑える。
    2回から5回までピンチらしいピンチは無く、ストライク先行の投球でテンポよく5回まで無失点に抑える。
    6回、1死から2本のヒットを浴びるが、ここも無失点で切り抜ける。しかし7回、7番戸川に本塁打を打たれ1点を失う。
    結果7回を投げ1失点と好投を見せた。

    ◇佐々木
    MAX133km 平均131km
    8回から登板。
    2番綱島をサードフライ、3番川越をサードファウルフライ、4番高木渉を三振に取り、三者凡退。

    ◇藤井(黎)
    MAX137km 平均134km
    9回から登板。
    5番の呉をライトフライ、6番鈴木をセンターフライ、7番戸川をライトフライに抑え、三者凡退で、試合を締めた。