ファーム情報

    10月10日(水)広島 5-2 ロッテ(フェニックスリーグ)

    2018/10/11

    3試合 2勝0敗1分
    天福 12:30

      123456789 R
    広 111000200 5
    ロ 100000010 2

    *勝利投手
     薮田
    *敗戦投手
     酒井
    *セーブ
     -
    *本塁打
     C:- M:加藤

    ■攻撃
    天福球場で行われた試合、ビジター設定のため、先攻め。
    初回に1死1塁から堂林の適時二塁打が飛び出し1点を先制すると、2回は青木の適時打、3回にはバティスタの適時二塁打で、3回を終え3点を得点する。
    3-1で迎えた7回には、1死から曽根がヒットで出塁すると、2死1塁から盗塁を決め、2死2塁のチャンスを作る。ここで3番堂林が適時二塁打を放ち、4点目を追加、続くバティスタも適時打を放ち、2点を追加し、5-1とする。
    8回に岡林が失点し、5-2とされるが、試合はそのまま5-2で勝利。
    フェニックスリーグ2勝目となった。堂林、バティスタ、下水流は順調に試合でも結果が出ている。

    ■投手
    ◇薮田
    MAX149km 平均146km
    1回、3番加藤にソロホームランを浴び1点を失う。
    3回、4回と三者凡退、5回は磯村の盗塁阻止により3人で抑え、6回、7回を三者凡退と、まとまった投球。
    リズムよくロッテ打線を封じた。結局7回を投げ1失点。 良いピッチングが出来た。

    ◇岡林
    MAX139km 平均135km
    8回から登板。6番三家、7番宗接に連続四球を出すと、8番大木にはヒットで繋がれる。
    これでいきなり無死満塁のピンチを背負う。ここで9番の柿沼に押し出し四球を与える。
    その後、1番和田、2番高濱を打ち取ると、3番加藤もライトフライで打ち取り、1点に抑える。

    ◇加藤
    MAX - km 平均 - km
    9回から登板。
    4番安田をショートゴロ、5番香月、6番三家に連続四球で1死1.2塁とする。
    その後7番宗接を三振、8番大木をファーストゴロに打ち取り無失点で試合を締める。
    6番三家に対してはカウント0-2からの四球。

    ■打撃成績
    ※数字は、左から打数/安打/打点/三振/四死/盗塁
    1 遊、左 曽根 410111
    2 一 西川 510000
    3 中 堂林 421111
    4 左 バティスタ 322100
      走、遊 木村 000000
    5 DH 下水流 520100
    6 捕 磯村 100010
     打、捕 坂倉 100000
    7 二 桑原 320011
    8 三 青木 421000
    9 右 永井 400100
       計 34 12 5 5 4 3

    ■投手成績
    ※数字は、左から投球回/打者/球数/安打/三振/四死/自責
    薮田 7 23 80 2 6 1 1
    岡林 1 7 28 1 0 3 1
    加藤 1 5 25 0 1 2 0