ファーム情報

    6月12日(火) 広島 2-1 阪神(ウエスタン・リーグ)

    2018/06/13

    51試合 20勝26敗6分
    由宇 12:30

      123456789 10 R
    阪 010000000 0 1
    広 100000000 1X 2

    *勝利投手
    横山
    *敗戦投手
    伊藤(和)
    *セーブ

    *本塁打
    T:今成 C:-

    ■攻撃
    初回、先頭の1番天谷が相手先発馬場の初球を叩き、ライト前ヒット。すかさず盗塁を決め、2番庄司のセンターフライの間に3塁まで到達。1死3塁のチャンスを作ると、続く3番バティスタがセンターへ犠牲フライ。早々と先制点を挙げる。
    しかしその次の回に、先発野村が一発を浴び1-1の同点とされる。
    試合はそのまま延長10回、最後の攻撃を迎える。1死から1番に入った土生が2塁打で出塁。2番庄司が倒れ2死2塁となる。ここで3番バティスタが高めの球をうまく右中間に運び、サヨナラタイムリーツーベースヒット 。2-1で勝利。

    ■投手
    ◇野村
    MAX143km 平均140km
    初回を三者凡退に抑えるも、2回2死から6番今成にライトソロホームランを浴び1失点。しかしその後3回から5回まで三者凡退とリズム良いピッチング。6回、ヒットと四球で2死満塁。打席には4番ロサリオというピンチを迎える。このピンチをサードゴロで切り抜け、6回を投げ1失点。

    ◇中村(恭)
    MAX148km 平均143km
    7回から登板。7回の先頭5番北條を四球で出すも後続を断ち無失点に抑える。8回も先頭の打者緒方をヒットで出すも無失点に抑える。2回を投げ無失点。

    ◇中田
    MAX147km 平均144km
    9回から登板。先頭四球と送りバントで1死2塁。続く7番江越にライト前に落とされ、1死満塁のピンチを迎える。8番代打荒木を三振に仕留め、9番岡崎をライトフライに打ち取りピンチを脱する。

    ◇飯田
    MAX141km 平均139km
    10回から登板。先頭1番緒方の当たりをショート庄司が暴投し3塁まで進塁される。無死3塁のピンチで2番島田を三振。続く3番板山に四球を出したところで横山にスイッチ。

    ◇横山
    MAX142km 平均140km
    10回1死1,3塁から登板。4番に入った森越しを見逃し三振。5番北條に四球、6番今成をファーストゴロに打ち取り、逆転のピンチをしのぐ。

    ■打撃成績
    ※数字は左から打数/安打/打点/三振/四死/盗塁
    1 左 天谷 330001
    左 土生 210100
      走 赤松 000000
    2 遊 庄司 300120
    3 一 バティスタ 412100
    4 中 高橋(大) 400000
    5 三 メヒア 400100
    6 右 岩本 400200
    7 二 小窪 320000
      投 中村(恭) 000000
    投 中田 000000
    打 エルドレッド 100000
    投 飯田 000000
    投 横山 000000
    8 捕 坂倉 410000
    9 投 野村 200100
      二 上本 200100
    計 36 8 2 8 2 1

    ■投手成績
    ※数字は左から投球回/打者/球数/安打/三振/四死/自責
    野村   4 22 91 3 5 1 1    
    中村(恭) 7 9 27 1 0 3 0  
    中田 8 5 19 1 1 1 0   
    飯田 16 3 15 1 1 1 0   
    横山 13 3 15 0 1 1 0