ファーム情報

    5月4日(金) 広島 8-6 ソフトバンク (ウエスタン・リーグ)

    2018/05/08

    33試合14勝17敗2分
    タマスタ筑後 13:01

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
    広 0 0 0 0 0 0 0 1 7 8
    ソ 0 0 0 0 0 0 0 4 2 6

    *勝利投手 オスカル  
    *敗戦投手 飯田 
    *セーブ -
    *本塁打 C:-、SB:-

    ■攻撃
    両チームチャンスは作るも序盤から中盤まで0-0の同点。
    終盤の7回。1死から2番天谷がセーフティバントを成功させ、出塁する。
    その天谷が盗塁を成功させ、1死2塁のチャンスを作る。
    3番堂林、4番メヒアが四球を選び、1死満塁のチャンスで、続く桒原が4試合ぶりとなるヒットをセンターへ放ち、1-0と先制する。
    しかしその裏、ソフトバンクの猛攻で一挙4点を失い1-4と逆転を許す。

    3点のビハインドで迎えた9回。
    先頭の7番美間、続く8番中村(奨)、9番代打船越の三連打で無死満塁とチャンスを作ると、1番西川が左中間を破る二塁打で一気に同点に追いつく。
    2番に入った天谷が送り、1死3塁。3番堂林が四球で歩き、1死1.3塁と逆転のチャンスで4番メヒアがレフトの頭上を破る二塁打で逆転に成功。その後、桑原、再び美間の二塁打でこの回一気に7得点。逆転勝ちで初戦を飾った。甘い球をしっかり強いスイングで振りに行けた。

    ■投手
    ◇加藤 
    MAX151km 平均146km
    立ち上がり、3回まで毎回ランナーを背負うピッチング。ピンチをしのいで無失点で立ち上がると、4回、5回は三者凡退に抑え、テンポが良くなった。その後は再びランナーを背負う投球になったが、7回を投げ無失点と、粘りの投球を見せた。

    ◇藤井(皓) 
    MAX146km 平均143km
    8回から登板。1死から四球と盗塁で1死2塁のピンチを招く。6番明石にタイムリーヒットを打たれ同点とされると、7番川瀬に四球後、8番西田に走者一掃、逆転の三塁打を浴びる。さらに続く代打グラシアルに犠牲フライを打たれ、この回だけで4失点。ここで降板。

    ◇オスカル 
    MAX138km 平均135km
    8回2死から登板。1番代打江川をショート内野安打、続く周東に四球を出すも3番塚田を打ち取りチェンジ。

    ◇横山 
    MAX146km 平均144km
    9回から登板。1死から5番に入った曽根に二塁打で出塁される。6番明石を三振に取り2死2塁。7番川瀬にセンター前にタイムリーヒットを打たれ1点を失う。川瀬に2盗を許し、再び2死2塁とすると8番西田にセカンド横にしぶとく内野安打を打たれ2点を失う。その後は9番谷川原を打ち取り、ゲームセット。

    ■打撃成績
    ※数字は左から打数/安打/打点/三振/四死/盗塁
    1遊,三 西川 523000
    2中 赤松 110010
    左 天谷 210001
    3左,中 堂林 310021
    4三,一 メヒア 411110
    5一 新井 200100
    遊 桑原 323000
    6DH 小窪 400110
    7二 美間 541000
    8捕 中村(奨) 510100
    捕 白濱 000000
    9右 青木 20 0210
    打,右 船越 110000
    計 37 14 8 6 6 2

    ■投手成績
    ※数字は左から投球回/打者/球数/安打/三振/四死/自責
    加藤 7 30 115 5 5 5 0
    藤井(皓) 2/3 6 2 9 2 1 2 4
    オスカル 1/3 3 11 1 0 1 0
    横山 1 6 19 3 1 0 2