ファーム情報

    5月1日(火) 広島 8-1 オリックス (ウエスタン・リーグ)

    2018/05/01

    31試合 13勝16敗2分
    シティS 13:01

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
    広 0 2 0 4 0 0 0 0 2 8
    阪 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2

    *勝利投手 フランスア  
    *敗戦投手 山田 
    *セーブ -
    *本塁打 C:-、Bs:西村


    ■攻撃
    0-0の2回、先頭の6番小窪がレフト線へ二塁打を放つと、1死三塁から8番船越が先制の犠牲フライを放つ。続く9番中村(奨)がレフト前ヒットで出塁すると、1番赤松の打席で盗塁を仕掛け、成功。2死2塁から赤松が復帰後初となるタイムリーヒットをレフトへ放ち、2点を先制する。
    2-1で迎えた4回、ヒットと四球などで2死満塁とすると、3番堂林がレフトオーバーの二塁打を打ち2点を追加。続くメヒアのヒットでさらに2点を追加し、6-1とリードを広げる。
    9回にも3番堂林のタイムリー、4番メヒアの犠牲フライが飛び出し、2点を追加。8-2で勝利。
    赤松が復帰後初のタイムリーヒット。堂林が2安打3打点。チャンスでも慌てずどっしりとしている感じがある。

    ■投手
    ◇フランスア 
    MAX152km 平均146km
    立ち上がり、四球に苦しみながらも2回まで無失点に抑える。3回、先頭の3番西村に1発を浴び、1失点。6回、無死から2連続四球で出塁させると、8番代打小島にセンターへタイムリーヒットを浴び2点目を失う。しかし6回を投げ2失点と試合は作った。

    ◇横山 
    MAX142km 平均140km
    7回から登板。3番西村をセカンドゴロ、4番宮﨑を四球。5番坂本はサードゴロ、6番山足をショートゴロに仕留め、無失点に抑える。8回は7番園部をセカンドフライ、8番小島をファーストゴロ、9番西野をレフトフライに仕留め、3者凡退。

    ◇オスカル 
    MAX140km 平均137km
    9回から登板。先頭の1番小田をサードフライ、2番代打の佐野をセカンドゴロ、3番代打の張をライトフライに打ち取り、試合を締める。

    ■打撃成績
    ※数字は左から打数/安打/打点/三振/四死/盗塁
    1中 赤松 311100
    中,左 天谷 100110
    2遊 庄司 310120
    3左,中 堂林 423010
    4三 メヒア 413000
    5一 新井 100010
    打,二 桑原 300100
    6DH 小窪 410000
    7二,一 美間 410100
    8右 船越 301100
    9捕 中村(奨) 420001
    計 34 9 8 6 5 1

    ■投手成績
    ※数字は左から投球回/打者/球数/安打/三振/四死/自責
    フランスア 6 29 121 5 4 6 2
    横山 2 7 18 0 0 1 0
    オスカル 1 3 12 0 0 0 0