ファーム情報

    4月8日(日) 広島 4-2 ソフトバンク (ウエスタン・リーグ)

    2018/04/08

    6試合 6勝10敗0分
    タマスタ筑後 13:00

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
    広 0 0 0 1 0 1 1 0 1 4
    ソ 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2

    *勝利投手 長井
    *敗戦投手 高橋(純)
    *セーブ 藤井(皓)
    *本塁打 C:小窪、SB:グラシアル

    ■攻撃
    0-2で迎えた4回、先頭上本がライト前ヒットで出塁すると、盗塁を成功させ、無死2塁。
    続く木村が内野安打で繋ぎ、無死1.3塁。この場面でバティスタがサードゴロの併殺打に倒れるも、この間に1点を返し、1-2。
    6回、先頭の上本が四球で出塁。木村が送りバントを成功させ1死2塁。バティスタが四球を選び、1死1.2塁の場面で高橋(大)。4番の仕事を果たすレフト前ヒットを放ち、2-2の同点とする。
    同点の7回、1死から船越がライトフェンス直撃の三塁打を放ち1死3塁のチャンスを作る。代打岩本が三振に倒れ、2死3塁から続く桒原が低めの変化球にうまく合わせてセンター前にタイムリーヒットを放つ。これで逆転に成功、3-2とする。
    9回、先頭の小窪が野澤のスライダーを捉え、レフトへホームランを放つ。4-2とリードを広げる。9回裏を藤井が締めて、4-2で勝利。
    高橋(大)が勝負強さを出せている。リーグ上位の打率は好調をキープしている。今日も同点の場面でしっかりタイムリーを放った。

    ■投手
    ◇福井
    MAX144㎞ 平均141㎞
    立ち上がりグラシアルに二塁打を浴びるも無失点に抑える。2回、サードゴロの間に1点を奪われると、3回には、グラシアルにホームランを打たれ2失点目。5回を投げ2失点の投球となった。

    ◇長井 
    MAX152㎞ 平均149㎞
    6回から登板。先頭グラシアルにヒットを許す。しかしその後長谷川を三振、塚田をショートゴロ、谷川原を見逃し三振に切って取り、無失点投球。

    ◇佐藤 
    MAX137㎞ 平均135㎞
    7回から登板。釜元をファーストゴロ、西田を見逃し三振、周東をショートゴロに抑え、三者凡退。

    ◇カンポス 
    MAX149㎞ 平均146㎞
    8回から登板。明石をレフトフライ、三森を三振、牧原をレフトフライの三者凡退。

    ◇藤井(皓) 
    MAX148㎞ 平均144㎞
    9回から登板。長谷川をレフトフライ、塚田を三振に仕留め、2死を奪うも、吉村を四球で歩かせる。しかし釜元を三振に仕留めゲームを締めた。

    ■打撃成績
    ※数字左から打数/安打/打点/三振/四死/盗塁
    1左,三 天谷 310211
    2二 木村 310000
    3右 バティスタ 300110
    4中 高橋(大) 411100
    5三 小窪 411100
     左 天谷 000000
    6DH 坂倉 200110
     打,DH 中村(奨) 100000
    7捕 船越 420100
    8- 青木 200000
    打,- 岩本 200000
    9遊 桑原 311000
    計  31 7 3 7 3 1

    ■投手成績
    ※数字は左から、投球回/打者/球数/安打/三振/四死/自責
    福井 5 20 88 3 2 3 2
    長井 1 4 18 1 2 0 0
    佐藤 1 3 11 0 1 0 0
    カンポス 1 3 14 0 1 0 0
    藤井(皓) 1 4 19 0 2 1 0