ファーム情報

    4月6日(金) 広島 3-4 ソフトバンク (ウエスタン・リーグ)

    2018/04/06

    14試合 4勝10敗0分
    タマスタ筑後 12:30

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
    広 0 0 1 0 1 1 0 0 0 3
    ソ 0 1 0 1 0 1 0 1 X 4

    勝利投手
    高橋(礼)

    敗戦投手
    カンポス

    セーブ


    本塁打
    C:-
    SB:釜元

    ■攻撃
    2回に先制され0-1で迎えた3回、2死から上本が四球で出塁すると、
    続くバティスタがフェンス直撃の二塁打を放ち1点を返す。
    再び1点を返され、1-2で迎えた5回。
    1死から四球でバティスタが出塁し、続く高橋(大)は死球で1死1.2塁。
    小窪がショートゴロに倒れるも、続く坂倉がレフトへ技ありのタイムリーヒットを放つ。
    これで2-2の同点とする。

    同点の6回、1死から桒原がヒットで出塁する。
    2死2塁から上本がこの日2本目となるヒットをレフトへ放つ。
    レフトのエラーでこれが得点となり、逆転。
    その裏、またしても得点を許し3-3の同点にされる。

    8回にカンポスが決勝ホームランを打たれ、3-4で敗戦。
    上本、坂倉がマルチヒット。
    上本は速い球に振りまけずシャープにスイングし鋭い打球を打てた。
    坂倉も難しい球をヒットゾーンに運ぶなど、ヒットは打てている

    ■投手
    *加藤MAX147km平均143km
     2回、先頭グラシアルがヒットで出塁する。
     1死1.3塁から釜元にヒットを打たれ1点を先制される。
     4回には、先頭西田をヒットで出すとすかさず盗塁を決められる。
     その後周東にタイムリーヒットを打たれ2失点目。
     6回にもまた先頭打者を出塁させ、失点し、3失点。

    *飯田MAX135km平均133km
     6回途中から登板。
     1死1塁から無失点で抑える。
     7回は先頭四球でランナーを出したものの、
     牧原、塚田をともに三振、グラシアルをファーストファウルフライに抑え無失点。

    *カンポスMAX145km平均144km
     8回から登板。
     2死から釜元にソロホームランを浴び1失点。
     球が全体的に高く、変化球も甘く入る。

    ■打撃成績
    ※数字は左から、打数 安打 打点 三振 四死 盗塁

    打順 守備 名前
    1  DH  中村(奨) 5 0 0 1 0 0
    2  左 上本 3 2 0 0 2 1
    3  右 バティスタ 3 1 1 2 2 0
    4  中 高橋(大) 3 1 0 1 2 0
    5  三 小窪 4 0 0 0 0 0
    6  捕 坂倉 4 2 1 1 0 0
    7  - 青木 2 0 0 1 1 0
       打、一 岩本 1 0 0 1 0 0
    8  二 木村 4 0 0 1 0 0
    9  遊 桒原 3 2 0 0 1 1
      計 32 8 2 8 8 1

    ■投手成績
    ※数字は左から、投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責

    加藤 5 1/3 26 115 6 3 5 3
    飯田 1 2/3 6 20 0 2 1 0
    カンボス 1 5 22 2 2 0 1