カープ春季キャンプ情報

日南キャンプ4日目 今季最多の6500人の観衆

肌寒い朝の球場で行われた早出練習では松山とバティスタが明るい雰囲気の中で守備に汗を流しました。
今シーズ、ファーストでレギュラーを狙う松山は軽快にボールを捌いていました。
ブルペンでは新助っ人のカンポスが初めてキャッチャーを座らせてピッチングを行いました。メジャーでは中継ぎとして通算38試合に登板。三振を奪う投球ができると期待されている右腕は6、7割の力で曾澤を相手にストレートとチェンジアップを30球、投げ込みました。初ブルペンは低めへのコントロールをアピールする場になりました。
また、球場の外では石原や新井がファンの求めに応じサイン。長蛇の列ができました。あすは休養日。
2軍キャンプのメンバーが日南入りします。

(2018年02月04日)