カープ春季キャンプ情報

週末キャンプフラッシュ&注目二軍も宮崎入り

キャンプ初の週末。
天福球場には多くのファンがやってきました。
おとといの土曜日、やってきたのはカープファンだけではありません。

節分ということで鬼も球場にやってきました。
ベネズエラ出身ということで、カンポス投手はもちろん豆まきは初体験。
日本文化に触れることも異国での挑戦では大事なことです。

そしてきのう、肌寒い朝の球場で行われた早出練習では、松山とバティスタが明るい雰囲気の中守備練習。
今シーズンファーストでレギュラーを狙う松山は、軽快にボールをさばいていました。

ブルペンでは、新助っ人のカンポスが、初めてキャッチャーを座らせてピッチングを行いました。
メジャーでは中継ぎとして38試合に登板。
三振を奪う投球ができると期待されている右腕は、6、7割の力で、会澤を相手にストレートとチェンジアップを30球。
低めへのコントロールをアピールする初ブルペンとなりました。


宮崎空港には二軍スタートながら気合十分の福井。
さらには完全復活を目指す赤松ら32選手がはいりました。

今回はルーキー全員が二軍からのスタート
高い注目を集めるドラフト一位中村奨成も初の日南入り。
同じく高卒一年目ながら潜在能力が評価される山口らと共にプロのキャンプに挑みます。

選手たちは夕方には宿舎入り。明日からは日南の東光寺球場での鍛錬の日々が始まります。

(2018年02月05日)