カープ春季キャンプ情報

カープ最新情報

きょうのカープの沖縄キャンプは試合のない中日。
早朝から練習三昧の激しい1日となりました。

午前9時、広瀬コーチから早出で特訓を受けているのは上本・高橋大樹両選手です。
外野手の基本を一から徹底的に仕込みます。

バドミントンの羽で落下点への入り方を指導するなど広瀬コーチは工夫を凝らしていました。
故障の中村佑太投手に代わり1軍に上がってきたのは2年目の長井良太投手。
広いブルペンでたった一人で投げる状況で、松田オーナーなど全員の注目を浴びる中、畝コーチもストレートの伸びがあると認めるピッチングを披露しました。

野村投手は鈴木、西川、メヒアの3選手を相手に実戦を想定した丁寧なピッチングで13打席を2安打2三振に抑えます。
対外試合初登板に向け、順調に進んでいます。
今村投手はボールが先行し2つのフォアボールを出すなど調子は今ひとつでした。
中崎投手もメヒアに2安打されるなど対外試合の登板がない中継ぎ陣には不安を残しました。
一方、このキャンプで遠投を控えていた丸選手はきょうの練習の最後にトレーナーのチェックを受けながら60~70mの遠投を初めて行いました。
これまでのDHでの出場から守備にもつくための準備が整ってきました。


明日からいよいよオープン戦が始まります。
なお、ロッテ戦でデッドボールを受けたバティスタ選手は、直後の想定以上に重症で、 左第5中手骨骨挫傷でしばらく別メニューでの調整となりました
バッティングは好調だっただけに残念ですが、 一日も早い復帰を期待します。

(2018年02月23日)